必死ですれば結果がでる|ボブスマイル日記1話

シェアする

syuutyuu

こんにちは、毎日を楽しく生きたくて仕方のないボブです。

ボブスマイルの日々大事にしている考え方を日記風で毎週金曜日に投稿します。
※感情的な「枠」にはまらない記事です。不快な点があれば、暖かく見守ってください

第1話は「なにごとも必死でする」についてお話します。
では、ハジマリハジマリ~

広告

すぐあきらめる人について

色々な人を見ていると「あ、やっぱいいや」とすぐあきらめてしまう人がいます。

「なんであきらめるねん(●´ω`●)」

と思うのはボブだけではないはず(マジで)

最近の若い子はあきらめが早すぎで驚きます。
自分で考えるのがイヤなのでしょうか?

イメージをより具体的にお伝えすれば、

兄のフジ子ちゃんが「ご飯を食べる。」と言っておいて
数分後に「あ、やっぱいいや」って言うヤツです。

まさに、オイッどっちやねん状態です。

え、分かりにくいですか?

もっとかみ砕くと
突然仕事で、「プレゼンをしてください」と言われて、即答で「無理です」と答える人のことを言っています。

すぐに諦めずにまずはプレゼンをしてほしい。
(せめて、考えるフリして)

それはチャンスを逃しているだけだから。

諦めてしまう理由(経験談)

「無理です」と言う気持ちは共感します。

けどそれは「失敗をしたくない」からでしょ。

すぐにあきらめてしまう人は極度に「失敗」を恐れます。

常に正解や成功ばかりを求めていませんか。
(ギクってなりませんでしたか?)

人は生きているだけで、見栄をはって生きたいと思うので悪いことではありません。
周りからよく見られたいんですよね。

ボブは周りから良い風に見られたいです!

けれど、
それを続けていくと、失敗から得られることを、見捨てていることに気づいていますか?

失敗から得られること

失敗をしない人はどんな人だと思いますか?

・天才
・頭が良すぎる人
・IQが高い人

などをたくさん想像できると思います。

即座に「失敗しない人なんていない」と感じた人は将来「成功者」になるかもしれません。
(ボブ判子を押します。いつでもご要望ください)

どんな天才でも失敗しない人はいません。
凡人と天才の差は、失敗をした数が違が違います。
(何かの本で読んだ)

偉い科学者であっても失敗をします。
沢山の失敗をすることで、失敗から学んでまた失敗をします。

いつしか失敗から学んできたことで、世間に求められているモノを結果として発表します。

失敗をして得られることは「学び」です。

学びを得るには「必死で行動する」ことが大事です。

注意すべきなのは、言い訳できる状態にしないこと。
中途半端な行動をして失敗をすれば、原因は中途半端ですからね。

原因がわかれば、すぐに改善をしようとします。
それは誰でも真似してできることです。

まず、失敗は恐れずに行動しましょう。

実は、必死に行動することでもう1つ変わることがあります。

必死に行動するとなにが変わるのか

必死に行動をするだけで、いつもと違う1日になります。
やりがいや達成感、充実感を得ることができます。

私がブログを通して大事にしているのは、「わからなくてもとりあえずやってみる」です。

失敗したら、失敗したで仕方がありません。

「今日は必死に頑張った」と思えばいいんです。

頑張った感を持っていると周りに自信をもって話したくなります。
すぐにSNSを使って自己満足しちゃいましょう。

充実感を感じることができると、とても良い顔になります。

失敗でも、成功でも繰り返していると積み重なり、結果として残っていきます。
見える形で結果残しましょうよ。

必死に行動するだけで結果をつくれますよ。

今回の日記はここまで。
また来週お楽しみに

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告