夢に終わりはあるのかと真剣に考えた結末とは|ボブスマイル日記2話

シェアする

こんにちは、目が真っ赤になってヒリヒリしているボブです。

ボブスマイルの日々大事にしている考え方を日記風で毎週金曜日に投稿します。
※感情的な「枠」にはまらない記事です。不快な点があれば、暖かく見守ってください

第2話は「夢に終わりはあるのか」についてお話します。
では、ハジマリハジマリ~

広告

夢ってなんでしょうか

皆さんは夢を持っていますか?

テレビや仕事、スポーツのトップの人たちは、生涯追い続けて頑張ってきたからこそ、今の成功がある。

といったニュアンスで紹介されていたりしますよね。
「素晴らしい」
「尊敬する」

という流れで聞くことが多いのではないでしょうか。

夢について小学校の時に「将来の夢」という形で書いたことがあります。

当時テニスの王子様というアニメにハマっていて「テニス選手になりたい!」と書いたような覚えがあります。
選手にならずに違うことをしていますが。

夢を考えて気づいた1つの疑問

夢と違うことをしている自分を見直して、1つの疑問に行きつきました。
「夢に終わりはあるのか」

この記事は、ココロオドル人生を生きるボブスマイルの命題だと思っています。

夢を持つことはとても良いことだと思います。
人生を楽しむために必要不可欠です。

ただし、夢が終わってしまうと人生を楽しめなくなるのではないか。
そう、私は思い悩んでいました。

【夢が終わると人生を楽しめないのか】

夢を持っている人、もっていない人
お付き合いください。

思考の変化

小さい頃に誰もが夢を持っていたと思います。

・ケーキ屋になりたい
・消防士になりたい
・ユーチューバーになりたい

などなど

ちなみに、幼稚園のボブの夢は「ウルトラマンになりたい」と言っていました。

周りの親は「ムリだよ」と言われても純粋な子供心は「ムリじゃないもん」と諦めませんでした。

中、高と上がるにつれて現実を知ります。
そして、社会人になると「夢では食っていけない」と思考が変わります。

気づかないうちに「夢を持つ人はすごい人」だと認識していませんか?

誰もが持つことができる「夢」なのに。

私は「大人でも夢は持つべき。」だと思っています。

夢の見つけ方

「夢を持つのは子供」だと思っていませんか?

あながち間違いではないかもしれません。
「~になりたい」と思っていたりしますよね。

例えば「経営者になりたい」と夢を語っていたとして、経営者になった後はどうするのか。
「カメラマンになりたい」と語っているなら、カメラを持ったら既にカメラマンです。

「~になりたい」という夢はすぐに成し遂げれるのが特徴であり、「子どもの夢」です。

大人なら「~になって~したい」と夢を立てましょうよ。
「なりたい」だけでなく「なった後」に何をするかが「大人の夢」です。

例えば「宝くじを当てて世界一周したい」というのも夢です。
「経営者になって、お客さんの笑顔溢れる店にしたい」ならよりイメージしやすいですよね。

大人が持つ夢は、より具体的に明確で行動をすることが出来るのです。

夢は誰にでも描くことが出来ます。
大きな夢を描いて人生を価値あるものにしましょう。

夢の終わり

つい最近、私の元に「夢が叶いませんでした」という報告を頂きました。

夢を言葉にして発信をしていたし、行動もしていました。

けれど、私はなにも声をかけてあげれませんでした。
努力していた姿や全力でやっていたことを知っているのにです。

結果も積み上げていたことを知っています。

そんな子が、夢を実現できなかったのです。

「夢には終わりがある」のだと身をもって教えてもらいました。

冷静に考えると確かに…

冷静になって考えて見ると「甲子園出場」という夢ありますよね。
「甲子園に出場すること」が夢の場合と「甲子園で優勝すること」の夢の違い。

甲子園に出場することの夢は、甲子園に行けた時点で夢は終わっています。
けれど夢は叶うんです。

甲子園で優勝することが夢の場合は、「1校」しか叶いません。
負けた時点で夢は終わるんです。

「終わる」とひとことで言っても意味がある。

終わりから得るものはある

夢が叶う、叶わないのどちらにしても得るものがあります。

経験です。

努力してきた経験、甲子園出場の経験、夢の舞台まで手の届く範囲という経験
全てが夢に対して行動したから得られたことです。

「終わる」という言葉には、マイナスなイメージがある方もいるはずです。
終わるからこそ、自分自身を見直す機会になります。

過程は夢を追う人を成長させます。
改めて成長を振り返ることで、さらなる成長をするチャンスを見つけれるのです。

夢は追い続けること

「人の夢は!!! 終わらねェ!!!!」
大好きなONE PIECEという漫画の1コマです。

夢に終わりはありません。
こう言うと語弊があるかもしれませんが、夢が叶う、叶わない部分はあります。

ですが、追い続けることで途切れることなく夢を持てます。

夢を思い描くには、1つのことだけを追いかける必要はありません。
新しく夢の再設定を自由にできます。

「経営者になってお客さんの笑顔をつくりたい」
→「芸人になって笑顔をつくりたい」
といったように、同じような夢を持つ必要はありません。

夢は叶えようとするから面白いのです。
だから楽しいのです。

ココロが踊りたくなるほどワクワクするはずです。

夢は追い続けるものです。
叶えたら、また新しい夢を思い描く。

人の夢に終わりはねぇ!!

今回の日記はここまで。
また来週を楽しみに

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告