【悲報】写真データが破損して消えた男、移動はコピーでしましょう

シェアする

消えた

こんにちは、データ破損で今までの写真が消えてしまったボブです。

まさか、データが破損して消してしまうハメになるとは思いませんでした。
皆さん大切なことを始めにいます。

バックアップはしっかり取りましょう

マジで、救出できないようになっていまったので。。。
バックアップはしっかり取りましょうね。

詳しく起こった経緯について話していきます。

広告

悲劇が起こった原因

そもそも、なぜデータ破損なんていうことが起こったのか。
理由は2つ。

・切り取りでデータを移動させた。
・データが破損するという意識がなかった。

この2つが欠けていたことで起こりました。
ほんとショックです(笑)
(ネタになっているけど)

どんなデータが消えたの?

被害にあったデータは、1月1日から一眼レフで撮ってきた沢山の写真です。

見事にお亡くなりになりました。
ゴミ箱にもありません。

「削除」で消したのではなく、「フォーマット」で完全に元から消しているから…
更に、元のデータを「切り取り」で移動させているので、データが潰れてしまえば
復元不可能になります!

なんとも悲しいことをしてしまった。

ブログを更新していない間も、

「いつか載せるための食材」として写真を撮りためていました。

ま、もう消えてしまったものは仕方ないですが。

対策するにはどうしたらいい?

さて、ここまで悲しいことを言っていましたが、いつまでも下は向いていられません。

「データを破損させないようにするにはどうすれば良いのか?」

再発防止のための対策が必要ですよね!
もうおなじ悲劇を起こさないために、今後の対策は、、、

「コピーをしてデータを移動させること」

もはや、コレしかありません。
元の本体データが消えてしまえば復元もできないのです。

元データが消える→悲しい悲劇を繰り返す!
なので、どんなデータでも「コピー」を使って移動させましょう。

元データが移動できたのを確認してから削除すれば問題なし。
切り取りを信じすぎて悲しいことならないようにしましょうね。

まとめ

データを移動させるときは、コピーですること。

元データを複製するように作成することが悲しい気持ちにならない唯一の手段!

データは侮るべからず。
本日もありがとうございました!

マジへこむからお気をつけて(笑)

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告