身近にある幸せに気づくということ

シェアする

bobsmile

こんにちは、小さな幸せに気づいてココロが暖かくなっているボブです。

人は生きているうちに「幸せ」を求めていることがあります。
そんな幸せをあたなは気づいていますか?

幸せに気づいていなくて迷っている方には必見です。
幸せの感じ方をご紹介します。

広告

今を生きていることを幸せだと思う

幸せは自分の中に隠れています。

深く切り込んでしまうと、生きていると意識をしている間しか、幸せの判断ができません。

社会、会社、人間関係、仕事内容、といった沢山の問題がある中で、日々明日のために生きているはずです。

行動をすることが今日の意思決定であり、明日へのつながる道です。

日々私達は生きています。
戦争が起きている中で「もう明日は死ぬかもしれない」と怯えることなく明日へと足を踏み出している。

これは普通のことではありません。
こうしてこのサイトを見れているあなたは幸せなんです。

生きていることはとてもすごいことなんです。
明日があるからこそ、今日を一生懸命生きて、何年後か先を見据えて頑張れる。

まずは今を生きていることに幸せを感じてください。

笑顔になれる幸せ

生きていると辛いことありますよね。
しんどいことも悲しいことも。

けれど同時に笑顔にもなっているはずです。

「人は笑顔を失えばココロを失う」
(ボブスマイル代表ボブ作)

こんな名言もあるほどです。
顔の表情の中で笑顔というのは筋肉がよく動きます。

笑顔を見ると嬉しい気持ちや安心したりしますよね?

例えば、私だと笑顔な店員さんに対応されたら嬉しい気持ちになります。

「レストランでお水を追加で入れてくれる店員さんにありがとう」と言ってしまいます。

店員さんは無愛想な顔で対応しているでしょうか?

それほど笑顔になれるというのは大きな影響を与えています。
笑顔が多い人ほど幸せも多くなると実感します。

「幸せだから笑顔になるのではなく、笑顔だから幸せになる。」

笑顔は周りの人を笑顔にしてくれます。

そして周りも笑顔な人を見ると次第とココロが緩んで笑顔になれるのです。
ある有名な動画があるのですが、電車の中でとつぜん笑いだしているおじさんがいます。

彼はずーーーと笑っています。
見ている乗客は笑っている彼の光景を見て「笑う人」「笑顔になる人」で溢れかえります。

笑顔になることで、周りに与える空気感が変わるからこそ、自分の周りが幸せに包まれて自然と幸せがやってきます。

まずは笑顔になってみてください。
難しく考えなくても大丈夫。

店員さんにお釣りをもらったら「ありがとう」と言うだけでも良いです。
その言葉は店員さんを笑顔にしたり、自分のココロを笑顔にできます。

すると自然とあなたも笑顔になっているはずです。
笑顔になれる自分の幸せに気づいてみて。

最後に

私はある方に自分の笑顔になっている写真を見てハッと気づいたことです。

笑顔になれない自分だと思っていたのに、写真にはしっかりと笑顔で写っていました。
「そんなのいらないわ」と言われて傷ついた時間だったのに。

人生なにが起きるかわかりません。
笑顔になれないと思っていても意外と笑顔になれたりします。

笑顔は必ず誰でもできます。
幸せを感じるために、自分の笑顔に気づいてください。

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告