ニンニクはヤバかった!驚きの効果を隠し持っていた?!

シェアする

こんにちは。口臭の臭いが気になりすぎてブレスケアを常備しているボブです。

人と会う前に、気にすることと言えばなんですか?

・服装
・髪型
・化粧

といった身だしなみを気にするのではないでしょうか。
これだけ意識していれば十分良い印象を与えれるのですが、、、

もう1つ、気にすべきところがあります。

「口臭」です。

意外にも食べたものによる口臭は自分でも気づきません。
中でもニンニクは特に口臭に直結しています。
(おいしい料理に入っていることが多いような、、、)

臭いがする食べ物としては人気のあるニンニクですが、実はヤバいんです。
ニンニクのヤバさについて秘密を暴露しようと思います。

広告

ニンニクの自己紹介

ニンニクは体に良いとほとんどの人は知っていると思います。
代表的な効能として、スタミナをつけるのに役立つため、食べている方も多いと思います。

他の効果として、生活習慣病の改善や大腸がんの予防に役立つといわれています。
(生活習慣病にまで改善できるのは知らなかった)

ちなみに、ニンニクは玉ねぎと同じ球根の仲間です。

【うんちく】
1990年にアメリカの国立機関によって選定された、健康に役立つ商品40種類の頂点に立つのは、ニンニクです。

ニンニクの臭いに、疲労回復の秘密アリ

ニンニクを食べることで疲労回復効果があると聞いたことありませんか?
ニンニクの臭いの元になる成分(アリシン)が疲労回復に役立っているのです。

アリシンには以下の効果があります。

・たんぱく質の消化を促進する
・胃液の分泌を促進
・代謝作用を高める

胃液の分泌を促進することで、栄養を吸収しやすくなるため、疲労が回復しやすいというカラクリがあります。

代謝作用が高まることで、溜まっていた疲労も回復する効果が期待できるので、日ごろ疲れている場合はニンニクを食べることをオススメします。
(私は疲れているときに、ニンニクを食べて歯を2回ほど磨いてます。)

衝撃!ニンニクは不潔ではなかった

ニンニクを食べた口の中は「ニンニクニクニク」になるので気持ち悪いですよね。
イメージですが口の中は不潔になっているイメージを持っている同士がいるはず。

ですが、意外にも不潔ではないのです。
先ほどお伝えした「アリシン」というバケモノ効果には、強い殺菌作用を持っています。
昔から生活の知恵として、食中毒を防ぐのに役立つ薬味として使われてきました。

・ピロリ菌
・大腸菌-157
・サルモネラ菌

などの菌も殺菌するため、驚くほど万能です。

まとめ

いかかでしたか。
ニンニクの口臭の原因元でもある成分「アリシン」には、万能すぎる効果を持っており、
・たんぱく質の消化を促進
・胃液の分泌を促進
・代謝作用を高める

といった効果を持っています。

風邪をひいた後にニンニクを食べると、次の日にはピンピンになって元気です。
「体調悪いかもしれない」という時は、すぐにニンニクを食べましょう。

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告