チームとグループの違いについてを知っている?人生を豊かで楽しく

シェアする

こんにちは、周りの庭がキラキラ光るように見えているボブです。

皆さんはチームとグループのち外を知っていますか?
もしくは、一緒だと思っていませんか?

チームとグループは似ているようで意味が違います。
人が集まって”何かをsする”のは一緒ですけどね。

私が感じている違いについて、今回お話します。

広告

グループとは、寄せ集まりの集団

皆さん、グループに所属したことはありますよね?
小学校や中学校、高校、社会人になっても”グループ”というものはあります。

良いグループがあれば、悪いグループも…
なぜ、グループが沢山生まれているのかと言うと、
個々に違う目的を持ちながら一時的に同じ場所にいるからです。

秘める野心を盛って行動をする人の集まりって言うこと。

例えば、自分の身を守るために一時的にグループに入ったことありませんか?
また見かけたことなど。。。
そう。グループというのは、中身がなくてもすぐに集まれる集団のことです。

チームとは、人が欠けると大変な集団

では、チームとは一体なんでしょうか?
グループと似てますよね。

人が集まっている集団で、野心もあるかもしれません。
けれど、1つだけ大きく違うことがあります。

それは、「目的、目標があること」です。

1つのことに対して本気で行動をし、意見を述べ、最高のものを作り出していきます。
社会人になるとより一層、チーム間は大事になってきます。

チームで動けるような組織に属していれば、「楽しくない仕事」なんて存在しません。
むしろ仕事が忙しすぎてしんどいかもしれません。

けれど、チームで行動をすればお互いに支え合うことがデキます。
なぜなら、1つの目的、目標に向けて行動をしているため、共感ができるのです。

世の中に増え続けるグループの存在

チームとして、全ての人々が1つのことに向けて、行動をすれば人生は良くなるはずです。
けれど、チームとして行動しているのはごくわずか。

成果を上げる人は、チームを組織し
成果をあげない人は、グループを生み出します。

チームには、ひっぱるリーダー的な存在(リーダシップ)や周りを見ることのできる人
少しおっちょこちょいの人間、できる優等生などのバランスが必要です。

というのも、デキの良い人たちで作るチームは、一見良さそうにみせますが、個々のパワーが強すぎて寄せ集まりのグループになりがち。

すると、自然とグループになってしまい、人生楽しくないんです。
もし、今所属しているグループ、組織、関係があるなら、よく見直すべきです。

人生を楽しようにできるのは、自分の力であり、他人に頼ることだとボブスマイルでは考えています。
グループは常に増え続けています。

ただの寄せ集まりに属して人生を過ごすのか。
人生を楽しくするために、チームを見つけて命を燃やすのか。

これは渡したいの課題なのだと思う。

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告