ツイッターアカウントを消したい!スマホで削除する方法と復元方法

シェアする

こんにちは、ツイッターを8回は消したことのあるボブです。

ツイッターをご存知ですか。

簡単につぶやくことができて、その場で使うことができますよね。

すぐ感じたことや広めたいことをツイートをすれば、周りに伝えれるので便利なSNSです。

しかし、今ではツイッターを使わなくなった方も多いのではないでしょか。

あなたの過去(黒歴史)ツイートは他人に見られても大丈夫ですか。

アプリは消しているかもしれませんが、ツイッターのアカウントは残っています。

アカウントは簡単に消せるので、見られたくない方は消しておきましょう。

今までツイッターを沢山消してきたボブが方法を伝授します。

広告

注意点

ツイッターアカウントを削除すると、あなたがこれまでに投稿したすべてのツイートと画像が削除されます。
もし、保存していない画像などがあれば過去のツイートを見て保存しておきましょう。

相手へのフォローやフォロワー数にも(-1)されて数が減ります。
大切なフォローorフォロワーがいる場合は、別アカウントから知らせてフォローしておきましょう。

もし、消した後に復活したくなったら?

今は削除をしたいかもしれませんが、後になって「アカウント消さなくてよかった」と思うかもしれません
(ボブは4回ほど経験があります。)

その場合は、アカウント削除をしてから30日以内ならアカウント復旧をすることができます。

プロフィールや画像、ツイート、フォロワーなどすべて元通りに復活できます。

ですが、アカウントを消していた間は他のユーザーからは「いなくなっている(消えてる)状態」になるので、周りに迷惑をかけないように気を付けましょう。

アカウントの復旧の仕方

アカウント復旧の仕方も先に載せておきます。

後で詳しくは載っていますが、することは1つだけです。
WEB版のツイッターで再度ログインする。

それだけでアカウントを復元することができます。

30日を過ぎてからはアカウントは完全に削除されます。
復旧をするなら30日以内にしましょう。

IDとメールアドレスを再度使うには

ツイッターが完全に削除されるまで、30日間の猶予期間があります。
その間は、削除したIDと同じメールアドレスをつかうことができません。
(まだデーターが残っているから)

30日を過ぎれば、新しくアカウントを作成できるので新しく始めるなら1か月後で覚えておきましょう。

ツイッターアカウント削除の仕方

ツイッターアカウントの削除は、アプリケーションからは行うことができません。

ウェブブラウザ版のツイッターから行うことができます。
SafariやGoogle Chromeを使ってツイッターのページを開いてくださいね。
(実はパソコンからツイッターにログインすると手っ取り早い)

ツイッター公式HP
1.こちらからログインしてください。
Googleで検索でも同じのがでますよ。

2.上記のページにログインすると、URLに「mobile」とついているので外します。


Google chromeなら右上を押して「PC版サイト」にチェック
すると「mobile」消えているはずです。

3.右上のツイート横にあるプロフィール画像をタッチ。

4.「設定とプライバシー」を選択します。

5.ユーザー情報の下に「アカウント消去する」と青文字で書いてあるのでタッチ。

6.パスワードを入力して、「退会する」を押せばアカウント削除完了です。

番外編 ログインができず消せない場合

ツイッターはログインができないとアカウントを消去することができません。

どうしても削除したい場合は、ツイッターサポートに連絡する方法があります。

ただし、電話番号や実名といった本人確認ができなければ対応してもらえません。

そのため、ログインをどうにかして入る必要があります。

ログインを探る

ツイッターログイン方法には、2種類あるのはご存知ですか?

1つめは、メールアドレスからのログインです。
ツイッターアカウントを作るさいに登録したメールアドレスでログインすることができます。

2つめは、IDでのログインです。
IDと言われると違和感かもしれませんが、ツイッター上での自分ネームみたいなやつです。
ボブのアカウントで言えば「@wakubob」の部分に当たります。

この2つからログインすることができると思います。
もし、IDも忘れてしまった場合は、探しましょう。

ツイッター上に今までつぶやいたことを思い出しながら検索窓でアカウントを探しましょう。
友人や思い出、仲のいいフォロワーなどが思い出せたらあと少しですよ。

最後に必要なのはパスワードです。
パスワードに関しては、今まで自分がつけたことのある言葉や数字を入れていきましょう。

過去の自分は、なにかを思ってパスワードをつけているはずです。
なんとしてでも見つけてみてください。

メールアドレスを覚えていれば、パスワードの再発行をしてもらうこともできます。

もしも、これでも手の打ちようがなかった場合は、

諦めましょう。
見つけれないものは見つかりません。

諦めるのも今を楽しむことをするほうが良い時間の過ごし方ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ツイッターのアカウントが削除をすると気持ちが楽になりますよね。
今度は削除しなくてもいいように、ツイッターを活用していきましょう。

削除してから30日以内は復旧できるので、ココロ残りがある場合は、WEB版でログインをしてくださいね。

快適なSNSライフを過ごしましょう。

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告