バリバリ「キャリアウーマン」な彼女と話した濃密な3時間

シェアする

こんにちは、ぼぶです。
東京で働くバリバリキャリアウーマンな彼女と話した3時間が非常に良い内容だったので、備忘録として残そうと思います。

「周囲から良い評価を得たい」
「仕事がデキる女性になりたい」
「一目置かれる存在になりたい」

当てはまる方にオススメのお話です。

広告

そもそもキャリアウーマンとは

久々にお会いした彼女は、1年足らずでバリバリなキャリアウーマンになっていました。当時を知っている私からすると、「変わった人間」という認識になりました。

ここで話すキャリアウーマンとは、「仕事がデキる女性」と定義します。

そんなデキる女性へと変身した彼女は、大きく分けて3つ変わっていました。

1つめ、思考がポジティブ

まず始めに考え方がプラス思考と言わんばかりに前向きな物事の捉え方をしていました。

前向きな考え方をしていることで、話しをしている私も楽しく、明るい気持ちになっていきます。
前向きな思考の方とお話すると、場の空気が良くなりますね。

ポジティブになった会話

「彼氏とつい最近別れてめちゃ落ち込んでん。」
と彼女は話し始めました。
私は、彼氏との思い出や悲観的な話をするのかと身構えましたが・・・。

「平成も終わりやし、クヨクヨせずに、令和ではさらに良い人見つけて元カレを見返すねん。」と自己完結してしました。

自己完結するところを見ると、自分の中で整理ができており、雰囲気や会話のテンポを崩さないようにしているように感じました。

どんな時でも、ネガティブな話をされるより、ポジティブなほうがいいですよね。

2つめ、目指す目標がある

2つめは、目標を持っているか、持っていないかの違いです。
曖昧に「キャリアウーマンになる」と言う場合と「仕事のデキる女性になる」では具体性が違います。

具体的なイメージを持つことで、「何をしなければいけないのか」が明確になります。

彼女と話しをしていると、具体的な行動をしていることがわかりました。

・金融関連の情報を意欲的に学んでいる
・副業で稼げる手段を模索している
・毎週1回、英会話に通うことで外交をできるようにしている

ただ日常の仕事をするのではなく、自分でやりたいことに向けて行動が明確です。
話を聞いていて関心しました。

3つめ、自己管理ができている

最後は、自己管理ができていることです。
よくスケジュール帳を持って予定がたくさん入っている方とかいますよね。

先にお伝えしますが、
スケジュール帳に予定が多い=キャリアウーマン
ではないので、気を付けてくださいね。

ここでお伝えする自己管理とは、行動する日と休息を入れる日をスケジュールに入れている人です。

携帯を触る人が多い

日本人は働きすぎとよく言われますが、何かしら行動をしていないと我慢できない方が多いです。

携帯が発達したことにより、暇な時間に携帯を触る人をよく見かけますよね。「隙間時間」を埋めるほど何もしない時間は我慢できないんです。

キャリアウーマンな彼女は、「何もしない日」を意図的にスケジュールに組み込んで、自分の時間を確保していました。

ちなみに、何もしない日以外は、自分磨きの時間であったり、学ぶ時間で埋め尽くされてましたが。。。

人が元気よく行動ができるのは健康があってこそですよ。
あなたのスケジュールは埋まってますか?ガラガラですか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
バリバリなキャリアウーマンを直接お会いして学ぶことが多かったです。
東京で働くとキャリアウーマンに変身しちゃうのでしょうか。

おさらいをすると、

1.ポジティブな思考をしている
2.目指す目標がある
3.自己管理ができている

ぜひ一度立ち止まって確認してみてくださいね。

広告