自分のサイトが消えてしまった?!IPアドレスが見つかりません

シェアする

era

こんにちわ!愛情を込めて育ててきたサイトが消えたかと思って一時期おちこんでいだボブです。

サイトが消えてしまったと思うととても悲しくなるものなんですね。

一緒に過ごした時間がながければ長いほどこの悲しみは大きくなるのでしょう。。。

つい1日前までサイトがエラーを出して閲覧することができませんでした。

今回学んだことを記事に残しておこうと思います。

広告

エラーは突然起こる

ボブスマイルの記事更新をしたいとココロの底から思ったので、
「さ、記事更新をしよ~」とサイトを起動すると、、、

era

サイトにログインができない。

え、なんで?
何か悪いことをした?!
久々に更新をすることに拗ねられた?

と思いながら、エラーの原因を探ることにしました。

エラーが起こる原因

今回起きたエラーはサーバーが原因で起こるようです。
主に

1.ドメインが変更された(更新切れ)
2.サーバーが消えた(更新切れ)
3.家の接続する手段での問題
4.DNS(ドメインネームサーバー)が変更された

自分でもっているサイトで「IPアドレスが見つかりません。」とでる原因は主にこの部分です。

1,2の原因は契約期間

ドメインやサーバーの更新をせずに契約期間が過ぎると、必然的にエラーが起きます。
日ごろから更新はするようにしましょうね。

再度契約することで元に戻るのかは試したことがないので私からはわかりませんが、
かなりリスクが大きいのは間違いないでしょう。

大切に育ててきたのに、更新しなくては一瞬で泡のように消えてしまいます。
気を付けてくださいね。

3は通信業者と不具合が生じている

家からの接続でエラーが起きる場合は、通信業者が1枚かんでいる可能性があります。
ここでは詳細に書くことは省きますが、Googleが提供しているDNSを使用すると改善することが多いようです。

詳しくは調べてみてくださいね。

4は自分のミスによって起きている

DNSの変更は業者や初めの設定で間違えることが多いです。

ですが、一定期間の後にDNS関連が原因でエラーになる場合は、自分自身の手でDNSを触ってしまいエラーを起こしています。

実際に私は、お名前.comでドメインを触っていたところ、いつの間にかDNSの設定を触っていたようです…

無知識の中で触るのは恐ろしいですね。
もし、知らない間にDNSを触ってエラーを起きていると想定した場合は、お名前.comからメールで変更の通知が来ていないかを確認しましょう。

そこで通知が来ていれば変更したのは間違いなく自分のミスです。
元に戻しさえすれば、サイトも元通りになるでしょう。

ボブが直した方法

サーバーをお名前.comのものに変えてしまったことでエラーになったことにより、エラーが起きていることが判明しました。
元々のサーバーはエックスサーバーを利用していたので、DNSのシステムが書き換わっていました。

そこで、エックスサーバーの設定に戻すことで2日後に戻りました。

エラーが起きても落ち着くこと

今回エラーが起きたことを赤裸々に説明しましたが、ご自分のパソコンでエラーが起きた場合はまず落ち着きましょう。

エラーは「どのように改善してほしいか」を訴えかけています。
Googleでエラーの番号や内容を調べることで元に戻す手段を載せてくれています。

慌てずに、一つ一つ時間はかかりますが原因を探ってエラーをなくしましょう!

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告