【PowerDirector】動画をカットする基本的な使い方

シェアする

こんにちは、ぼぶです。
今回の記事で解決できる方は下記の方々です。

・見やすくイケてる動画を作りたい!!
・不要なところをカットしたい
・カットしたいけど、どうやってするの?

当てはまりましたか?
これからご紹介する内容は

不要な箇所のカットや削除をする

こちらについてです。
誰でも簡単にできるので、さっそく見ていきましょう!

使用動画編集ソフト
・PowerDirector

広告

動画を読み込む

まず、編集したい動画を読み込みましょう。
※PowerDirectorを起動して、タイムラインモードを選択してくださいね。

図1.
yomikomi

メディア ファイルの読み込み」を選択して、編集する動画ファイルを選択します。

図2.
idou

読み込みができると、メディアルームに表示されるので、タイムラインに移動させます。

【ポイント】
・〇の部分が読み込んだメディアファイル
・矢印の場所に移動させる

タイムライン上を見やすくする

図3.

動画をタイムライン上に並べると、動画・画像クリップが小さくなっており、編集作業がとてもやりにくいはず。

そこで、
見やすい画面で編集するために「拡大ボタン」を使おう!

拡大するには2つの方法があります。

・PowerDirecctorの左下に「+」のマークを押して画面を大きくする
・「Ctrl」+「マウスホイール」を使って見やすい大きさを調整する

好きな方法を試してみてね。

図4.

見やすくするとこんな感じになります。

実際に動画をカットしてみよう!

動画の読み込みができれば、編集をしてみましょう。

まず、動画のどの部分を残し、どこをカットするのかを決めましょう。

プレビュー画面を再生しながら決めていきましょう。

図5.

この矢印の部分を「分割」します。

分割したいところまで再生ポイントのスライドを動かして、
「選択したクリップを分割」をクリックします。

すると・・・

図6.

このように1つの動画を2つに切り分けることができます。
※わかりやすく「サンプル」と「サンプル2」に変更しています。

次に、プレビュー画面を見ながら動画をつなげたい場所を探します。

図7.

矢印の部分から動画を始めたいので、もう1度「分割」を行います。

図8.

このように1つの動画が、現在は3つの動画に切り分けられています。
イメージ的には、ケーキを3等分していると思ってください。

不要場面のカット・削除をする

画像を見る限り、サンプル2は不要な場面になります。
ここで、お待ちかねのカット・削除を行います。

図9.

「不要な場面にマウスカーソルを合わせて右クリック」または「ゴミ箱をクリック」します。

図10.

今回の場合だと、サンプル2を右クリック。
「削除」項目にある「削除、間隔を詰めて、すべてのクリップを移動する」を選びます。

すると・・・

図11.

サンプル2の動画が消えて、サンプル、サンプル3の並びに変わりました。

この繰り返しをしていくことで、不要な場面のカット・削除を行っていきます。

削除は3種類ありますが、基本は「削除、間隔を詰めて、すべてのクリップを移動する」を選べばOK!

さいごに

いかかでしたでしょうか?

今回ご紹介したのは、

・動画の読み込み方法
・編集しやすい環境作り(拡大ボタン)
・動画を分割する方法
・不要な場面の削除

この4つを覚えてどんどん動画をカット・削除していきましょう!
ご不明な点や質問があればコメントにどうぞ。

広告