「正義」とは本当にあるのか?真実へ迫る!

シェアする

こんにちは、ぼぶです。
今回の話は「正義」についてです。

広告

正義の闇

私は「正義」という言葉がとても嫌いです。
アニメとかにある正義とかは見たりしていますよ?

正義のヒーローなどとても良いなと思っています。
悪者役がいて成り立つ「正義のヒーロー」が。

皆さんの中に「正義」は存在していますか?
しっかりと持っていますか?

私が思うに誰もが何かしらの正義を持っていると思います。
「持っていない」と答える人がいれば、ぜひ会ってみたいです。

正義は独りでは成り立たない

人は一人で生きることはできない。

どこかのえらーい人が語った名言です。
私はその通りだと思います。

社会的地位や環境によって人は変わります。
いや、人は変わることができます。

人が変わるというのは、人生観が変化することをここでは表します。

人生観が変われば、価値観も変化します。
価値観が変化すれば「正義」の定義も変化していく・・・

ここで言いたいのは、人によって「正義」という定義は変わるということ。

正義は一人で言っていても、周りが認めなければ正義とは言えません。
ここで、たとえ話をしましょう。

例えばこんな人がいたら

いつものお世話になっている病院に緊急搬送されたのち、匿名にて医療ミスが発覚したケース。

えらいお医者さんがいて「施術ミスをしました」なんて正直に語る人はいません。

本当に施術ミスをしていたとして、殺してしまっていても、捕まることはほぼありません。
「全力をもって対処した」といえば丸く収まるのだから。

一般の人は免許や専門知識も自分の目で見てなければなにもわかりません。

それに、えらい人ほど、社会的地位と自分の立場の関係上で事実を言う人など滅多にいません。
1件や2件程度を実際に語っても周りは変化しないし、世界も変わらないから。

あなたは、この医者の行動を「正義」だと言えますか?

このケースで正義を聞きたいのは、匿名で伝えてきた人です。
正義を語り、事実を公表するのではなく、教えた。
そして匿名です。

知らなければ悲しむことも憎むこともなかった話。

立場が違えば、「正義」は変わるのです。
自分の職を失ってまで「正義」を貫く人はほぼいません。

我が身を大事にするのが人ですから…

ぼぶの結論

正義とは、見る視座の違いだと思います。
どこまでを見通して、正義といえるのか。

誰もがわかる「悪者」がいなければ、正義なんて言葉はでてこない。

正義という言葉を使うならば、悪役を作り、周りも共感できるように行動すること。
それが、正義という言葉の使い方なのではないかと思います。

皆さんにとって、正義とはなんですか?

広告

シェアする

フォローはコチラ

広告