雑談を極めると人間関係が良好に!良い縁を引き寄せる秘訣

シェアする

こんにちは、ぼぶです。
皆さんは雑談を意識して話していますか?

実は、雑談をできる人は相手からの評価や印象が高くなります。

「周りからの評価を上げたい」
「人間関係を良くしたい」
「良い縁に恵まれたい」

と、一度でも思ったことがある方におすすめです。

では早速見ていきましょう。

広告

他人に好かれる自己開示

人と人が出会い、会話をします。
そのときの相手に対する印象や評価はどれくらいの時間で決まるのか知っていますか?

考えてみてくださいね。


私の予想は5分です。
5分も相手と話すことで「言葉のテンポや相槌、態度がわかるだろう!」という大雑把な考え方。

最長で4分、最短で1分で評価が決まる

答えは、おおむねの評価は会話が始まってから1分で決まります。
最長でも4分で決まることが様々な研究の結果導き出されているんです!

できるできない
信頼できる信頼できない
好き好きでない

このような評価はすべて初めの出だしによって決まります。
日常生活の中でよくある光景ですよね?

「あの時なんで断られたんだろ…」
と振り返ると原因は、初めの1分だったかもしれません。

好きな人や頼み事をするときに「第一印象を良くしましょう」と言われている由縁ですね。
日常生活であるケースだと下記の通り

・相手に提案したいときやお願いごとがあるとき
・気になる人を食事に誘いたいとき
・自分を良く見てもらいたいとき

など最初に良い印象を与えているかどうかで、その後の関係が変わってきます。

実際にあったアルバイトの話

ある人が学生の頃にモ○バーガーで働いていました。
彼に話しかけると、返事は意味不明。
挨拶もろくにできない。

人見知り?で周りとコミュニケーションがとれず、ずっと下を向くような人でした。

「そんな人間が接客できるのかよ!!」

ツッコミどころが多い彼は怒られることも非常に多く、あとから入ったアルバイトさんと比較すると物覚えの悪さが目立ちました。
次第に彼の仕事は減っていき・・・

はい。
このアルバイトの話ですが、彼はあなたにとってどんな評価になっていますか?
仮にあなたと一緒に働いていたり、見かけたらどう対応しますか?

きっと彼の評価は「悪い」と判断する方が多いのではないでしょうか?

一番最初の印象が悪かったことが原因で、彼には「仕事ができない子」といったレッテルをはられてしまったのです。

非常にもったいない。
この話から知ってほしいことは、出だしは非常に大切だということです。

次に印象・評価を上げるきっかけをお伝えします。

印象・評価を上げるコツは失敗談を話すこと

会話で大切なことは適度な失敗談を挟むことです。
失敗談と言いながら、かっこよい言葉で表現すると自己開示のことです。

【自己開示とは】
自分を開くこと。自分はこういう人間です!と相手に伝えることを指します。

勘違いしないでほしいのですが、自分のことをぺちゃくちゃと言い過ぎるのとは違います。

自慢話にはならなくて、相手もフォローができる失敗話です。
例えばいうと、

・この前飲みすぎて家に帰れなくて大変だったよ(笑)
・学生の時はスポーツで痩せていたけど、今はこの通り立派な体格だよ
・あまりにも興奮しすぎて、1時間前に到着することが多いんだ

など、ツッコめるような話し方にしましょう。

まとめ

会話は、常に相手と言葉のキャッチボールです。
タイミングを見て話すことが大事です。

出会った始めの1分は今後の印象を決める大事な1分
笑えるような自分の過去を軽く話して会話を盛り上げましょう。


何気ない一言でその場の空気を良くしたり、相手が気になる情報を入れておくと会話が自然と広がりますよ。

広告